2024年 ネットで買える敬老の日プレゼント 人気ランキングBEST15

2024年 ネットで買える敬老の日プレゼント 人気ランキングBEST15

敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝を表現する大切な機会です。特に手作りのプレゼントは、愛情が感じられるため非常に喜ばれます。この記事では、親子で簡単に作れる手作りプレゼントアイデアを紹介しましょう。


手作りプレゼントの魅力 手作りプレゼントは、市販の商品にはない一点ものの特別感があります。制作過程で孫の成長を感じられるため、受け取るおじいちゃんおばあちゃんにとっては格別の価値があります。さらに、子供と一緒に作る活動は、親子の絆を深める素晴らしい時間となります。  


 1子供と一緒に作れるプレゼントアイデア

 2親子で楽しむコツ 

 3プレゼントの渡し方   


1-1. フラワーフレーム

敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝の気持ちを表す大切な日です。今年は市販のギフトもいいですが、もっと心に残るプレゼントをお考えなら、親子で一緒に作れる「フラワーフレーム」がおすすめです。   

 1-1-1フラワーフレームとは? 

 フラワーフレームは、お花や植物を使ってデコレーションを施したフォトフレームです。フレームの周りを美しいドライフラワーやプリザーブドフラワーで飾り付け、中央には大切な写真を挟むことができます。全ての素材が揃ったキットで提供されており、組み立てが簡単であるため、小さなお子さんでも安心して楽しめます。

 1-1-2作成の魅力とメリット オリジナリティが光る: 各自のセンスでアレンジ可能なため、世界に一つだけのフレームを作ることができます。 親子の絆を深める: 共同作業を通じてコミュニケーションがとれ、家族の絆が深まります。 記念に残る: 敬老の日の素敵な思い出として、また実用的な写真フレームとして長く使えるため、記念になります。   フラワーフレームは、見た目の美しさだけでなく、作る過程自体にも楽しさと意義があるギフトです。

この敬老の日には、親子で一緒に特別な時間を過ごしながら、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝の気持ちを形にしてみませんか  

  1-2. 手形アート

材料: キャンバスまたは厚紙、無毒のペイント 方法: 孫の手形をペイントで押し、周りをデコレーションして個性的なアート作品にします。日付や名前を書き加えると、記念になります。 

手形アートの作り方 1-2-1

材料: ・キャンバスまたは厚紙 ・無毒の水性ペイント(複数色) ・ペイント用皿 ・ブラシ(ペイントを塗る用と清掃用) ・水とタオル(手を洗うため)


 1-2-2手順

①準備 ・作業スペースを新聞紙やビニールシートで覆い、服を汚さないようにエプロンを着用します。 ・ペイント用皿に選んだ色のペイントを少量出し、ブラシを用意します。 ②ペイントの準備 孫の手に直接ブラシを使ってペイントを塗るか、手をペイント皿に浸して色をつけます。色は均一に広がるように注意しましょう。 ③手形を押す ・キャンバスまたは厚紙に手をしっかりと押し付けます。手を動かさないようにして、クリアな形が出るように心掛けてください。 ・手をゆっくりと持ち上げて、ペイントが滲まないようにします。 ④デコレーション 手形が乾いたら、ペイントやマーカーで装飾を加えます。例えば、手形を動物や花の形に見立てたり、名前や日付、メッセージを加えることができます。 ⑤乾燥 アートを完全に乾かします。水性ペイントの場合、数時間で乾燥することが多いですが、湿度が高い場所ではもう少し時間がかかる場合があります。   


 手形アートは、作成する過程での楽しさとともに、完成品が家族の思い出として残るため、敬老の日にぴったりのプレゼントです。孫の成長を形に残すこの活動は、長く大切にされることでしょう。


1-3. ハーブポット

材料: 小さなテラコッタポット、アクリル絵の具、ハーブの苗 方法: ポットをペイントでデザインし、ハーブの苗を植えます。キッチンで使えるハーブを選ぶと実用的で喜ばれます。


1-4. 手作りブックマーク

材料: カードストック、紐、スタンプ、色鉛筆 方法: カードストックをブックマークの形に切り、孫が描いた絵やスタンプで装飾します。紐をつけて完成させます。


1-5. オリジナルポエムカード

材料: 色紙、マーカー、ステッカー 方法: 孫が考えた詩を色紙に書き、装飾を施します。心温まるメッセージが敬老の日の気持ちを伝えます。

2. 親子で楽しむコツ

2-1計画を立てる 何を作るか事前に決め、必要な材料を揃えておきましょう。

2-2役割を分担 子供が主体となれるような作業を担当させ、大人はサポートに徹します。 楽しむことを優先: 完成度よりも、作る過程を楽しむことが大切です。失敗してもその経験を楽しんでください。

2-3記録に残す 作業の様子を写真に撮ることで、その思い出も一緒にプレゼントできます。  

3.プレゼントの渡し方

プレゼントをより特別なものにするために、渡す方法にも工夫を凝らしましょう。以下のようなアイデアがあります

 3-1. サプライズボックス 手作りプレゼントを装飾された箱に入れ、開ける際にサプライズ感を出します。箱の中には、作成中の写真や孫の手紙を入れると良いでしょう。

3-2. ビデオメッセージ プレゼントと一緒に、孫が感謝の気持ちを伝えるビデオメッセージを渡すことで、おじいちゃんおばあちゃんに直接孫の声を届けることができます。 

 3-3. プレゼント探しゲーム 家の中に手作りプレゼントを隠し、ヒントを使っておじいちゃんおばあちゃんに探させるゲームをします。楽しいアクティビティを通じて、プレゼントに込めた愛情を伝えることができます。

子どもたちに小さなテラコッタのポットをペイントさせ、中に簡単に育てられる植物を植えさせましょう。多肉植物やハーブがおすすめです。手作りのポットが、祖父母の家の窓辺や庭を明るく飾ることでしょう。植物を育てる喜びを通じて、子供たちと祖父母との絆も深まります。


まとめ

手作りプレゼントは、孫の愛情が込められた非常に価値のある贈り物です。共に作る時間は親子にとっても貴重な絆を深める機会となります。この敬老の日には、手作りのプレゼントでおじいちゃんおばあちゃんの心に残る喜びを提供しましょう。敬老の日はただの日ではなく、家族の絆を深め、世代間の愛を共有する素晴らしい機会です。親子で協力して何かを作る楽しさを経験し、それを大切な人に贈ることの喜びを子供たちに教えてあげてください。


株式会社ケイエスエスサービス KssService Ltd.

代表取締役 伊藤光行

茨城県小美玉市上吉影152-1

TEL:0299-52-1771