予算1,000円以下で買える、安いのに喜ばれる孫から贈る敬老の日プレゼント・おすすめ7選

予算1,000円以下で買える、安いのに喜ばれる孫から贈る敬老の日プレゼント・おすすめ7選

敬老の日は、おじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える大切な日です。しかし、孫からのプレゼントとなると、予算の制約があることも多いでしょう。そこで今回は、予算1,000円以下で買える、安いのに喜ばれる敬老の日のプレゼントを7つご紹介します。おじいちゃんおばあちゃんの笑顔を引き出す素敵なアイテムを見つけてください。

1.孫から贈る敬老の日プレゼント・おすすめ7選

1-1ハンドメイドカード

価格: 約100円 おすすめポイント: 手作りのカードは、心のこもったプレゼントとして大変喜ばれます。市販のカードも素敵ですが、自分で作ることで、より特別感が増します。カラーペンやシール、クラフトペーパーを使って、おじいちゃんおばあちゃんへの感謝の気持ちを込めたメッセージを書きましょう。シンプルながらも温かみのある贈り物です。

1-2. 名前入りタオルハンカチ

価格: 約300円〜500円 おすすめポイント: タオルハンカチは日常的に使える実用的なアイテムです。名前やイニシャルを入れることで、特別感が増し、おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれること間違いなしです。ソフトな素材を選んで、使い心地にもこだわりましょう。シンプルなデザインでも、名前が入っていることで心温まる贈り物となります。

1-3. 写真入りマグネット

価格: 約500円 おすすめポイント: 孫の写真が入ったマグネットは、冷蔵庫やホワイトボードなどに貼って楽しむことができます。思い出の写真を使って、オリジナルのマグネットを作ることで、毎日目にするたびに嬉しい気持ちになることでしょう。特に、小さなお孫さんの写真は、おじいちゃんおばあちゃんにとって宝物となります。

1-4. ミニ観葉植物

価格: 約500円〜1,000円 おすすめポイント: ミニ観葉植物は、手軽にお部屋の雰囲気を良くしてくれるアイテムです。手入れが簡単な種類を選べば、おじいちゃんおばあちゃんも気軽に楽しむことができます。例えば、サボテンや多肉植物などは、水やりが少なくて済むのでおすすめです。植物を育てる楽しみをプレゼントしましょう。

1-5. お菓子の詰め合わせ

価格: 約500円〜1,000円 おすすめポイント: お菓子の詰め合わせは、手軽に買える上に喜ばれるプレゼントの定番です。おじいちゃんおばあちゃんの好みのお菓子を選んで、ラッピングして贈りましょう。和菓子や洋菓子、クッキーやキャンディーなど、バリエーション豊かに揃えると、見た目も華やかで楽しんでもらえます。

1-6. 手作りのお守り

価格: 約100円〜300円 おすすめポイント: 手作りのお守りは、おじいちゃんおばあちゃんの健康や幸運を願う気持ちを込めたプレゼントです。布やフェルト、ビーズなどを使って、簡単に作ることができます。オリジナルのお守りを作ることで、世界に一つだけの特別なプレゼントとなります。手作りの温かみが伝わり、心に残る贈り物です。

1-7. 名前入りコースター

価格: 約500円〜1,000円 おすすめポイント: 名前入りのコースターは、おじいちゃんおばあちゃんのティータイムを彩るアイテムです。木製や布製など、素材やデザインも様々なので、好みに合わせて選びましょう。名前やイニシャルを入れることで、毎日使うたびに特別な気持ちになります。シンプルながらも実用的で、おしゃれなプレゼントです。

2. プレゼントを選ぶ際のポイント

敬老の日のプレゼントを選ぶ際には、以下のポイントに注意すると良いでしょう。


2-1. 相手の好みを知る

おじいちゃんおばあちゃんの好みや趣味をよく理解し、それに合ったプレゼントを選ぶことが大切です。

2-2. 実用性を重視する

日常的に使える実用的なアイテムは、長く愛用してもらえるため喜ばれます。

2-3. 心を込める

手作りのアイテムや、名前入りのものなど、特別感を演出することで、感謝の気持ちが伝わります。

2-4. プライバシーに配慮する

名前入りのアイテムを選ぶ場合は、アイテムによってはフルネームではなくイニシャルやニックネームを使うなどの配慮が必要です。

2-5. 予算を守る

無理のない範囲で予算内に収まるプレゼントを選び、孫としての気持ちを大切にしましょう。

まとめ

予算1,000円以下で買える、安いのに喜ばれる敬老の日のプレゼントを7つご紹介しました。手作りのカードや名前入りのアイテム、実用的なグッズなど、おじいちゃんおばあちゃんが喜ぶこと間違いなしのプレゼントばかりです。感謝の気持ちを込めて、素敵なプレゼントを贈りましょう。敬老の日が、孫からの心温まるプレゼントで、さらに特別な日になることを願っています。